上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかGeneXで買いためた薄い本がたくさん出てきた。
いや、見られないようにしまってはあるんだけどさ。
ていうか片付け中になにやってんだ?うん、ツッコミ禁止。
それで読み返してみると、なんかやっぱりすごいなと。
私は、小4の時からHPを友達と作って二次創作してたけど、
(当時はたしか、マンキンでイラスト担当でした。小説や詩なんて書けなかった。)
それでもやっぱりこうやって一つの作品として本にしちゃうんだと。
その気迫とか、勢いとかかもしれないけど、その実行力がすごい。
他の人がやってるの見てると、自分もなんかやってみたくなるんだけど、
「やってみたくなる」だけでやっぱり実行はしないわけですよ。
なんていうんですかね、私は飽きっぽいというかなんというか、
いや熱しやすく冷めにくいんですけど、波があるんですよね。
その波がものすごいスピードですぎていくんですよ。
それに色々な方面に首突っ込んでごちゃごちゃしてるから、尚更。
「二次創作をしている」という長い目で見ると、もう10年くらいになるんだなぁと。
なるっていうのに何もしてない、何もできない自分はどうなんだろうと。
いや、そこは張り合うところじゃないし本出したから偉いとかじゃないって、
そう分かってはいるんだけど、私はやっぱり形にはできないし、する根性がない。
こうやって、インターネットの海の片隅でちまちまやってるくらいしか。
そしていつか私はこういう世界から足を洗ってしまってサイトもたたんで、
そうしてこのブログもやめてしまったりするのかと思うと。


・・ときどきこの世界の、二次創作で成り立ってしまうビジネスやそれと連動した社会の動きに、
なんとなく取り残されたような置いてけぼりにされたような疎外感を覚えます。
そして、その世界の儚さも。波が、熱が過ぎればなくなってしまうから。
・・なんて、書いていてなんか悲しくなってきてしまいました。
そういうふうに考えると、こうやって二次創作やっている自分に疑問を抱くようになる。
「私、今、何やってるんだろう」って思うようになってくる。
まぁそれも数十分すれば過ぎていくんですけれども。ていうか年の瀬に暗いな私!!
思考がとりとめもなさすぎてまとまらない。ちくしょう。
結局最後まで行きつかずに答えは出ないままなんだよなぁ。
まぁとりあえず、片付けの途中の戯言とでも思っていただければ。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。