上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校時代のもう亡くなってしまった恩師に死を宣告される夢を見た。
「もってあと2、3日かな…黒猫が見える」
そう、ダイニングで家族に言ってました。
私は部屋でベッドの上にちょこんと座っている黒猫を見て。
どうしようもなくあたふたしてあと3日だどうしよう、って慌てて。
慌てたところで何か変わるわけでもない、やりたいことはあったかな、って考える夢。
目が覚めてから、夢だと気づくまで時間は数瞬だったけど、
暗いのがちょっと怖くなりました。黒猫出てきたらどうしよう。
…まぁそんなのは所詮、戯言だけどね。


今読んでいるのが戯言シリーズだからダメだな…。
意味のわからない言葉遣いになってしまう。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。