上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔法カード発動!「ずっと貴族のターン」!!
やべぇぇ「この御馬鹿さんが!」がこんなにたくさん・・!
ピアノ弾きまくる貴族、下着を縫う貴族、夜の海の貴族・・・。
そしてなんといってもフェリを踏みにじるドS貴族万歳!
4話までの放置はどこに行ったんだ!ずっと貴族のターンじゃないか!
よしいいぞ!もっとやれ!むしろずっとゲルマンズのターンでいいと思う。←
この調子で普憫のターンよ来い!さぁ来い!(もうそろそろ黙れ
まだまだ私の脳内はずっと普独のターンだぜ!イェア!←
はやく普憫出てこないと、弟が貴族に取られちゃうぞ☆
なんたって下着を縫ってもらう仲(そんな親密ではない


さて、待ちに待ったれんごーのターンですが(その言い方やめなさい
アーサーの歌が怖い。めちゃめちゃ怖い。マジで泣きそう。
「めらめらと~焼き尽くせ~隅から隅までそ~の~業火で跡形も~」って。
つかむしろこれ悪魔呼び出してるんじゃないの?
耳コピですが。怖すぎる・・・この子怖すぎる・・・!どんだけ根暗なんだ。
そりゃまぁ呪いの国だしね。栄誉ある孤立したしね。根暗もしょうがないね。
でもそんな君が私は大好きです。でも料理はおいしいのが好きです(こら
とりあえず貴族が加わってよかったよ・・SOSはまだまだ続く。
一体いつになったら脱出できるんだろうね・・。
というわけで6話感想でした!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。