上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何故に2回も記事が消えるんだこのやろう。
今日はなんだかむかつくことが多いです・・・もうどうしようもないなホント。
学校に行けば雨だし微妙に寒いしムカつくことあるし・・・・。

今日、学校に行ったらオープンキャンパスやってたんですよ。
それで、デパートにあるあの傘入れるビニールを男の先生に渡されたんですね。
多分、私が受験生のすぐ後に入ったからだと思うんですけど。
数が足りなくならないかなって思ったので躊躇してたら女の先生が来まして。
「あら、受験生・・・・なんだ、ウチの子にはあげなくていいわよ」
なんだってなんだ、なんだって。失礼な。
アレは本当に腹が立ちました、人の目の前で言わなくてもいいじゃないか。
要するに、生徒の私より一人でも多くの受験生や親にいきわたるようにってことでしょうね。
いや、その思考は分かりますよ、私も実際迷ってたし分かりますけど。
でもほら、分かるってことと認めるって言うのは違いますからね?
それで「そうやって学校の品位貶めてるんですね」とか
「そういうこと言うから受験生減るんじゃないですか?」とか
言い返すか言い返さないかすごく迷ったんですけどやめました。
受験生なので、口論になると後々面倒ですし(知らない先生だったので尚更)。
それで男の先生に袋差し出したんですけど、先生受け取らなかったんです。
「それは校舎を濡らさないように渡したものだから、使っていいんだよ」って。
いい人ですよね、私その先生の名前も知らないんですけど←
それで結局お言葉に甘えて傘の袋使って図書室まで行ったんですけど。
言い返したほうが良かったかな?言い返したほうが良かったかなコレ。
いや、実際すごく迷ったんですよ、衝撃も結構大きかったし。
分からないでもないですが、それを生徒に言ったらおしまいでしょうに。
「今の台詞、周りの受験生や親が聞いたらどう思うでしょうね?」とか
本当に笑顔で毒のあるトゲ付きの言葉を言い放ってみたかったんですけどね。
とりあえずは自重しました。危なかった、ポロッと出てしまうところだった。
先生には合わないなとか、教えてもらいたくないなとか思いましたが、
少なくとも私は3年ですし、もう会うことはないと思うので言うのはやめました。
そんなくだらないことで敵増やしたりしたくないですしね。
ただ、教える側の人間の人間性が問われる場合、生徒に影響があるのではと思いましたが。
そういうことも学ぶ場所なんでしょうかね、学校って。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。