上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紡いでみましょ。


誰よりも
⇒何よりも、お前が好きだよ。
(大丈夫、お兄さんがちゃーんと守ってあげるから。)
(APH:仏+加)

天使は言った
⇒「お前の願いをこのブリタニアの天使が叶えちゃうぞ☆」
「(頭大丈夫かな、アーサー…)」
「(アーサーさんが変になった…どうしよう…!)」
(APH:ブリ天+米+加)

主人公は、君
⇒いつもいつもそうだ。
僕はただ君の後ろで影みたいにひっそりと。
(気付いてほしい、なんて我が儘かな?)
(APH:加)

伸ばした掌から
⇒伝わる温かさ。
どうしてお前はいつも温かいんだろう。
(頭を撫でてくれるそんな優しさも、本当は、)
(APH:西←ロマ)

情けないほど
⇒守ってやりたくなるのは、何故だろう。
(迷惑を掛けることしかしないけれど、それでも、)
(APH:伊+独)

三日月の輝きさえ
⇒見失うほど、ここは暗い。
(鉛色の曇天が続くこの場所は孤独感をより一層強くする)
(APH:英)

堕天使は嘲笑う
⇒だって君が悪いんだよ?
僕の方を見てくれないから。
(その笑みが、俺はひどく恐ろしかった)
(APH:波立←露)



頭文字を繋げると…

『堕天使の涙』

お疲れ様でした。
すいませんごっつ難しいんですが。
全体的な言葉を見てジャンル選んでるはずなのになぁ…。

フリーです!
お持ち帰りはこちら☆
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。