上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はクリスマスイブ
貴女は明日を一緒に過ごさないかと誘われました

さて、一体誰からの誘いを受けますか?


壱、
「折角の祝い事だ、一緒に祝おうぜ?」
口角を吊り上げて有無を言わせぬ雰囲気の政宗と

弐、
「共にケーキを食しましょうぞ!!」
飽くまで食べることメインの幸村と

参、
「良かったら僕と一緒に過ごさないかい?」
ふわりと笑顔を向け、貴女の返事を待つ半兵衛と

四、
「俺様が料理作るから、明日は一日付き合ってよ」
貴女の好きな物も作るとはりきる佐助と

⇒これ半兵衛しかいない…!
美人で石田ボイス…なんて素敵!!

25日になりました
待ち合わせ(家)に着くと、相手から有る物を手渡されました

一体誰から何を、貰いましたか?


壱、
「I give you this.」
政宗からシンプルなシルバー製のアクセサリーを

弐、
「気に入って貰えたで御座るか?」
幸村から雪模様が入ったマフラーと手袋を

参、
「似合うんじゃないかと思ったんだけど、如何かな?」
半兵衛から綺麗な石がワンポイントに入っているピアスを

四、
「はい、此れ、前に欲しいって云ってたでしょ?」
佐助から貴女の好きなアーティストのCDを

⇒政宗と半兵衛で迷うわ…!
でもやっぱりここは半兵衛で…!!!

二人で盛り上がっていると、相手が不意に何か呟きました
何と言っていたでしょう?


壱、
「…いっそこのまま此処に住んじまえば良いじゃねーか」
何かを急に思いついたようです、もう家に返す気は無い政宗

弐、
「また来年も、共に祝いましょうぞ!」
次の年こそ進展を、と聴こえたのは気のせい?幸村


参、
「次も、その次も君とこうやって此の日を過ごせれば良いのにね」
抱きしめられ、肩に顔を埋めながら囁く半兵衛


四、
「、俺様、サンタに何も貰ってないからアンタを貰って良い?」
突然突拍子もない事を言い出す佐助(腕をしっかり掴んでいます)

⇒半兵衛。うん、その適度な切なさに惹かれます。
ところで、紫フレームの眼鏡掛けてくれませんかそっちのが好みなので←

お疲れ様でした
ちょっと遅いけどクリスマスバトンしてみた。
明らかに最後願望で終わったけど気にしない。
フリーです!
お持ち帰りはこちら☆
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。