上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何がって?妄想がです(コラ
ヨハンと十代・万丈目の出会いがね…!
絶対にヨハンは他の奴らから抜け駆けして会うと思うんだ。

以下妄想。


「あッ、君が万丈目?」

「………」

無言で後退る万丈目、笑顔で踏み出すヨハン。

「あ、警戒しなくていいよ。オレはヨハン。ヨハン・アンデルセン」

「……ヨハン・アンデルセン…?」

「そうそう。カイザーと決闘した君に、どうしても会っておきたくて」

そこに十代登場。

「あ、万丈目!…、誰だ?」

「あ、遊城十代?オレはヨハン・アンデルセン。
アメリカの分校から来たんだ」

「……アメリカの…!」

ちらりと十代は万丈目を見遣る。それに頷く万丈目。

「オレだけじゃないぜ、オレも含めて5人、生徒がきてる」

「…5人も…!?」

「ああ。そのうち紹介されると思うから、よろしくな」

片手を上げて去っていくヨハンの後ろ姿を見て、
十代と万丈目は顔を見合わせる。

「…まさか、5人全員が…」

「…ああ、その可能性は否定出来ん」



…………な感じでどうでしょう?(知らん
頭の中から離れないから書いてみた。
ヨハ万きたよコレは。ヨハ万の時代が(黙れ
まだヨハンが話してもいないけど。
いやでもなんかこんな感じならまだ有り得そう…。
自分の妄想が逆にリアルで怖いです。
ヤバイなコレは…コミックス版ホント好きだ。
これからの展開を楽しみにしてます。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。