上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5人くらい誘ったんですが誰も空いてなかったので、
一人で上野の東京都美術館でやってるフェルメール展を見に行きました。
一人で絵を見に行くのは初めてですよ。
いや、大勢で行くと皆に置いていかれるんですけどね?←
どうも私は絵を見るのが遅いらしくてですね、
いつの間にか一人ぼっちになってるんですよね。
前に同じところにエジプト展を家族で見に行ったんですが、
単独行動して出口で家族を1時間待たせましたからね(ぇ
てゆかですね、最終日なのに入場50分待ちって何事?
それだけ有名ってことなんかね…?やっぱりすごいな。
フェルメールは作品数が少ないからね…多少は並ぶと思ってたけど。
外だから寒いです…でも列動くの早いからまだマシかな。
で、中に入るとカメラ使えなかったので、
何も撮れなかったんですが…うん。
光の画家フェルメール、素敵でした。
またなんかマイナーなものばかりに気を取られたり、
フェルメールブルーを探したりしました…。
ちなみにフェルメールブルーっていうのは、
フェルメールの絵画に使われた青い絵の具のことです。
当時は金より貴重とされた瑠璃をすり潰して作った絵の具です。
(瑠璃…ラピスラズリと言った方が馴染みがあるでしょうか…?)
私は牛乳を注ぐ女も見に行きましたが、綺麗な青ですよ♪
多分、見て回ったのは1時間くらいだと思います。
…待ち時間とほぼ同じとかツッコまないでください。
なんかフェルメールじゃない絵画にも気を取られてましたが、
良い時間を過ごせました。行けて良かったです。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。