上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです!はい!なんかいろいろ忙しかったです(こら
お誕生日を過ぎ、そろそろ祝われるのが苦になる年齢に突入し始めるかなあと思う今日この頃、
電車に乗る時間を読書に費やしているライです。

それで。なんで突然こんな話を持ち出したのかと言いますと。
名探偵夢水清志郎事件ノートアンソロジー企画」に参加します!
懐かしいですね、私が中学の時に読んでいたシリーズです。
図書室から借りて読んでいた私は新刊が出たら追うという読み方をしていなくて、
最終的に、亜衣たちが卒業した最後のお話を読んだのは、もう大学生になってからでした。
それだけの月日が流れたのかと感慨深いものを覚えましたが、
彼ら彼女らの中学時代、それをより一層面白いものにしてくれたのは、
きっと赤い夢の住人である教授であったに違いないと、私は思うのです。
と、いう思いが記事タイトルに込められています。

どんなお話を書こうかとかまだ全然決めていないのですが、
私が読み始めた当時、亜衣と同い年だった私が、大学生になってもわくわくできた、
名探偵、夢水清志郎が見せてくれたあの楽しい日々を想起させられるようなお話を書けたらいいなとは思います。
さて、内容を思い出すために夢水清志郎事件ノートシリーズ借りてこなくちゃな(えっ

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。