上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ、あけましておめでとうございます・・・。

「結構待ったな」

本当にすみませんでした!!その、だからあの、すみません紅茶入れてきます!!

「む?私は別に構わないんだが・・・そうだ、Gとの対談だが、」

え?あ、はいそうでしたね!!おこがましくてすみません!!

「誕生日だそうだな、遅くなったがおめでとう」

いえいえそんなありがたき幸せですプリーモ様に祝っていただけるなんてはい・・。

「フフッ、別に様なんてつけなくてもいいぞ?堅苦しいのは性に合わないんだ」

「じゃあ、オレは早速ジョットって呼ばせてもらうぜ?」

「あぁ、構わないぞ、G」

うわあああG様!?何故ここに!!

「約束したろうが。俺は約束は守る男だぜ?」

うわ、G様すごくカッコイイですね・・とりあえず、お話から伺って・・。

「いや、先に日記をやってしまおう、遅くなるといけないしな」

はいそうですね!えっと、今日は昔住んでた家に行ってきました!

「ほう、それで?」

実は前に住んでた家は買ったものなので所有物なんですね、
人に貸してたわけなんですが貸していた人が出ていかれたので、
それの確認のために何やかやするため行ったんですが。

「どうした?」

・・・家が狭かったんですよ、思ったより。

「・・・どういう意味だ、それ?」

私がその家に住んでたのは小学生の時までです。
だから成長して視点が高くなったために狭く感じられたと。

「なるほどな。いいことなんじゃないか?」

「まぁ、成長したんだからそうかもしれないな・・」

けど、昔あんなに広いと思っていた私の家は、私の世界は、
成長してみたらこんなに狭くてちっぽけだったのかと、
なんていうか・・・すごく切ない気分になって危うく泣きそうでしたよ。

「・・まぁ、誰にだってそういう時はあるさ」

ですよね・・・というわけで過去の話してください。

「・・それに繋げるための話だったのか?」

いえ、この後バイトして終わりっていうオチはちゃんと用意してあります。
というわけで過去の話してください。

「・・・じゃあ次は俺たちが話す番だな」

「過去の話?G、何の話だ?」

「こいつとの前の対談の時に、誕生日祝いとして約束してやったんだよ」

「・・・・何をだ?」

「俺しか知らないジョットの話だったか」

そ、そうですそうです!話してください!

「そんなこと・・・私のことなど聞いてどうするんだ?」

えっ・・私だって言ったんです、過去の話聞きたいですよ!
すごく楽しみにしてたんですよ!聞かせてくださいよ!

「んー、そうだな・・あれはどうだ、町はずれのマフィアとの抗争の話」

血なまぐさっ・・もっと平和なエピソードないんですか?

「わかったぞ、G。あれだ、ライはなぜランポウが盾と称して中華鍋を持っているかを知りたいんだ」

「あれか?俺がふざけて騙した。あれ鉄製だろ、中国で使ってる盾で絶対破れないぞって言って」

えっ、あれ騙されてたんですか?!やっぱり!?

「やっぱりって言ったなお前・・みんなにそう思われてんのかランポウのやつ」

あっ、・・・言ってないです。

「大丈夫だ、心配せずともランポウの良いところはあの素直なところだからな」

「言っとくがジョット、それなんのフォローにもなってねぇんだからな?」

いやでも、雨月さんとか本当の使い方知ってたんじゃないですか?

「知ってたが・・・雨月はあえて黙っていてくれたようだぞ」

えっ、なんでですか?

「あれを使って成功した後に本当のことを言ったら、きっと自信をつけてくれるからって」

なるほど、ご飯を作るような鍋でも成功できるんだ、って?

「あぁ。結局、あいつの泣き虫は治らなかったけどな」

「ランポウは私の守護者で一番年下だったから、元々の甘えん坊な気質もあって甘えていたのだろうな」

「まぁ、最終的には立派に責務を果たしたからいいんじゃねえの?」

ほう・・そんな過去があの中華鍋にはあったんですか・・・。

「さて、過去の話もしたし帰っていいか?」

・・えっ、ちょ、待ってください。私はプリーモとG様の過去の話を・・・。

「帰るぞジョット、話しすぎただろ」

「そうだな、十分すぎるほど話した」

えっ、うそですよね?ちょ、本当に帰っちゃうんですか?!

「言っとくが、悪戯することに掛けては俺よりジョットの方が上なんだからな?」

「私で最後だな・・また呼んでくれ、楽しかったぞ」

えっ、ちょ、マジで帰るんですか!えええ、待ってくださいよ!

「じゃあな、また会おうぜ」

「それじゃあ、Arivederci.」

(仕方ない・・今回は諦めるか・・・。)
・・・Ciaoでした!ありがとうございました!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。