上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで諜報部のアラウディさんに来ていただきました。

「・・・それで?」

えっと、私の日記を会話形式で書くという企画なのですけれども。

「・・・それで?」

・・・それじゃあその、お話しますね。

「手短にね」

今日は授業に出るために学校に行ってたんですけれど、
ちょうど休講の時間に学食で友達とノート作ってたんですね。

「で?」

そうしたらいきなり停電になりまして。

「ふーん、」

学校内全部停電になってしまって、昨日は曇りだったものですから夕方でも暗くて。

「それで直ったの?」

はい、30分くらいで一応直ったんですけど、受ける予定だった授業も休講になりました。

「へぇ、君らの時代は随分電気の発展している時代だというのにね」

そうですよね。しかもそれ、私の学校だけではなかったんですよ。
学校のある市とその周りの4市くらい全て一斉に停電になったんです。

「それはまた迷惑な話だね、そのあとは?」

はい、そのあとは例のごとくバイト行って帰ってきてという日でした。

「そう、ごくろうさまだったね」

そう言っていただけると嬉しいです・・・。

「で?話は終わりかい?」

はい、まぁそうなりますね・・・。え?帰るんですか?

「用事が済んだなら帰らせてもらうよ。これでも諜報部のトップなものだからね」

わかりました、ありがとうございました。

「それじゃあまた」
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。