上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて2日目!今日は初代晴の守護者であるナックルさんです。

「そういうわけだからよろしくな!俺はナックルだ!」

そうですね、よろしくお願いします。早速ですが、色々伺いたいですね。
やはり晴の守護者ということでフィジカル面が強み・・・ボクシングも強いのだとか。

「あぁ、まあな。だが俺は滅多なことでは拳は振るわんぞ」

それも別ルートで情報を入手しております。聖職者になられた理由との関係は?
神に仕える信心深い者が、拳を鍛えるようなことはあまりしないのでは?

「あぁ、そうだな。そもそも俺は最初から神に仕えるつもりだったのではないからな」

なるほど、拳を鍛えていた間に何かがあって、そしてその後神につかえるようになったと。
・・・詳しくは、やはり聞かない方が良いのでしょうね?

「あぁ、あまり好んで口に出したくはない話だな」

それでは質問はこの辺にして、早速日記を書いていきたいと思います!

「おお、究極に楽しみだぞ」

えーっと。今日は歯医者に治療しに行ってきました。

「ランポウに聞いたが・・・どうだったのだ?」

いえ、特には。ちゃんと治療してきましたよ。削りはしましたが虫歯ではないです。

「なら良かった。ルネサンスの時代では、虫歯が万病の元とされていてな」

はい、それがどうかしましたか?

「歯がなければ病気になるまいと思われていて、究極的には歯を全て抜くそうだ」

・・・・ルイ14世の話でしょうか・・?あれは衝撃的でした・・。
まさか歯を全部引っこ抜いて生涯ずっと流動食しか食べられないとは・・。

「なんだ知っていたのか。ならお前も気をつけろという脅しにならんではないか」

聖職者が脅すとかいう言葉遣っていいものか甚だ疑問ですが・・。

「まぁいいではないか。あとは何かあったのか?」

授業聞きに学校行って、授業の集まりで韓国料理を食べました!

「なるほどな、究極にうまそうだ!よかったな!」

はい、とてもおいしかったです。食べすぎましたけれども。

「まぁ、それくらいの贅沢は許容されるだろう、それで?」

それで?とは?

「他には?」

いえ、特にはないですが。

「・・・日々の暮らしの中にあるささやかな幸せをもう少し味わってみたらどうだ・・?」

ナックルさんに諭された!なんてこった!さすが聖職者!

「それは究極に褒めていないだろう・・・」

褒めてますよ!ちゃんと聖職者してるんですね!
私の知ってるナックルさんって、普通にその辺でスポーツジムに通ってそうな、
健康的で爽やかな体育会系のお兄さんですから!

「・・・それもそれでどうかと思うようなたとえだが・・」

あれ、でも結構鍛えているのではないかと思ったのですが・・・。
ロードワークとかはしてらっしゃいませんか?

「いや、鍛えていないと言えば嘘になるが・・・そうではなくてだ、お前の日常の話だろう」

ですがもう他にしゃべることがないのです・・・。
明日は朝からテニスなのでもう寝たいのですが・・・。

「おお、そういえばこんな時間か。すまんな、俺も寝ることにしよう」

わかりました。それでは今日はこの辺で。
ナックルさん、ありがとうございました。

「こちらこそ究極に楽しかったぞ。それではな」
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。