上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
REBORN!のボンゴレプリーモことジョットとその右腕ことGが好きな人のためのバトン!
興味があるという方の回答も大歓迎です。GGの輪を広げましょう☆

要するに私のためにあるバトンなんですね、把握した(落ち着いて
ちなみにプリーモ×GはプリGと略すそうですね…。
プリティーなじいちゃん達の略みたいで可愛い←←
というわけでプリGについてのライの妄想について来られる人だけ読みましょう。
プリGが好きな方はぜひ……お友達になってください…←←


@お名前をどうぞ
⇒花茨ライです!


@GGとの出会いは?
⇒本誌。獄寺がGの弓矢を使ったときの説明。
幼なじみで、プリーモからの任務でしか使わなかったことから妄想が……。


@Gプリ派orプリG派?
⇒プリG派!プリーモはしれっと押し倒すの上手いぞきっと!
あと多分Gは諦めが早くて流されやすいぞ!
あとプリーモは天然入ってるセクハラ魔だと信じてます←
ある程度までは天然でやってるんだがふとした拍子にムラッと←←


@GGの好きなところは?
⇒幼なじみ!幼なじみ!!(大事なことなのでry
あと主従らしくない主従が好きなんですよ。
なんていうかな、金や雇い雇われで切れちゃうような関係じゃなくて、
互いに信頼しあっていてしかも相手もそれを分かっていて、
だからこその不遜な態度や馴れ馴れしい態度の応酬、
それは主が許しているのではなくて互いの信頼の上に成り立っている関係…、
そんな主従関係も好きなんですよ^^
あと、アニメではプリーモって呼んでましたがきっとGはジョットって呼んでる。
2人きりの時は絶対にジョットって呼んでるって信じてる←

G「なぁジョット、」
ジョット「ここはボンゴレ基地だぞ?プリーモ、じゃないのか?」
G「そう呼んで欲しいのか?」
ジョット「…いや、せっかく2人きりなんだ、昔みたいにジョットでいい」
G「嫌ならそんな試すようなこと言うな」
ジョット「…すまん、」

みたいな会話あると全私が歓喜する(落ち着いて


@GGの出会いを妄想してください
⇒えっと…ストリートチルドレンver.と貴族ver.があるんですが…←
ストリートチルドレンver.は、どちらもストリートチルドレンで親を知りません。
ある日腹を空かせて寝ていたGを、揺り起こしてスってきたりんごあげるジョット。
綺麗な金髪と、差し出されたりんごを見て最初は受け取らないけど、
Gのお腹が鳴るか、「毒は入ってないぞ」→一口毒味のどっちか。
Gがストリートチルドレンで、ジョットが貴族でこのパターンもありです。

貴族ver.は両方下級貴族で、学校で会って意気投合して街に繰り出す悪戯っ子。
主にジョットが計画立てて振り回してGが同意して悪戯する感じ。
互いに長男ではなくて、家督の問題とかも心配ない感じ。
ジョットは長男でもいいよ、自警団が軌道に乗ってきた頃に家督の問題で父親に反対される。
同じ貴族であるGは家督の問題が大きい問題だって知ってるからジョットの未来を案じて、
「遊びはやめにしよう、お前は長男なんだから」って言うけど、
「私は、お前や家族や仲間や…ひいては私が好きなこの街を、護るための力が欲しい」って言って、
「けれどそれは下級貴族という身分じゃ得られない、だから私は自警団を作ったんだ」って続ける。
その決意が揺るがない、ジョットが頑固だってことを知ってるから、
Gはそこで苦笑して注意を促すのを諦める。そしてジョットはGに言う。
「これは私のわがままだが…お前にもついてきてほしい、この夢をかなえるために」
その言葉にGは笑って、「当然だ。俺達で自警団なんじゃねえのか?」
「…ありがとう、G。私は幸せ者だ、こんなに理解のある友人に巡り合えたのだから」
「大げさなこと言うなよ、大変なのはこれからだぜ」
「…そうだな」
これが自警団の本当の始まりになります。…何この長い妄想、さすがに引くわ。


@告白シーンをシュミレートしてください
⇒ストリートチルドレンver.は多分ジョットの一目ぼれだと思います。
眼光鋭い瞳とか、赤い髪とか、そういうの。
どんな境遇にいても生きることを諦めないその瞳が好き。
ジョットが貴族設定の方だったら、りんごを差し出したときにちゃっかり。
「りんごは木から落ちるが、恋も落ちるものなんだな」とか恥ずかしいこと言いそうな(笑)
貴族ver.は、自警団が軌道に乗ってからかもしれないなぁ。
「大事な親友なのに、幼なじみなのに、すまない、私はお前を愛してしまった」
そんな告白に微塵も揺るがないGとかね。
「知ってたさ、俺もお前と同じだからな」って。
………これいくらでも妄想広がるな…。


@日本に渡ったプリーモ、そのときGは?
⇒「日本に行く私の代わりに、頼む、ボンゴレを見張っていてくれ」
「もちろんだ、まかせておけよ。俺はお前の相棒であり右腕なんだからな」
そうは言うけど正直寂しがると思います。互いに。
この後ジョットが日本にいる間にGが死ぬと更に良いと思う(おま
きっと最期の言葉は「お前に会えて良かった」だから。
だから私はどれだけ妄想激しいのかと。
書いていいかなぁ、プリーモとGの捏造過去長編←←


@死ぬ気の炎が消えたらプリーモはどうなる?
⇒多分変わらない。ジョットは炎がなくても戦えると思う。
ただ、炎は武器であり身を護るものっていう感覚。
あとは死ぬ気の炎が灯っている間は超直感の感覚が増す。


@Gの入れ墨の経緯はなんだと思う?
⇒入れ墨は…多分ディーノさんみたいな感じ。
リアタイにも書いたけど、プリーモとGは主従っていうよりはきっと戦友ってヤツで、
だから忠誠の証にって彫ったりとかそういうのはきっとやらない。
最初からあったら、それが理由で捨てられてストリートチルドレンになって、
そして同じくストリートチルドレンだったプリーモに出会うなら、それはそれで萌える。
もし後天的なものだったとしたら、親に反抗して彫るかもな。
初めてその蔦みたいなのを見たとき、多分プリーモは舐める。
そこの会話はリアタイで書きましたが……。
嵐の炎が点せた時に現れて焼き付いてそのままとかでも充分萌える。
ジョット「せっかく綺麗な顔なのに…傷物にしてしまったな」
G「構わねぇさ、この程度」
ジョット「責任を取ってお前を嫁にもらってやるからな」
G「落ち着けジョット、目が本気だぞ」

とか…?こんな二人が好きだ(笑)


@GG以外に初代絡みで好きなCPは?
⇒他にはない!(おま


@最後にGGへの愛をどうぞ!
⇒はぁもう…夫婦っぷりが半端じゃないんだが…。
たくさん語れて満足しました、今度プリG書く。今度書く。



バトンタッチ
→フ
→リ
→|

お疲れ様でした!
お持ち帰りはこちら☆
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。