上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
したような夢を見た。意味不明。


田舎に泊まることになった私と友達S。
着いた先には少し古くて大きめの屋敷。
6~8才の女の子と男の子が2人ずつと、何故か飛鷹、おばさんが1人の大家族。
この時点で意味不明だが気にしない。何故に飛鷹。
というわけでまあとにかく話は夜、テレビを見ているところからはじまります(ぇ
子供達4人が必死にテレビを見ていますがテレビから流れて来るのは星間飛行
しかも子供達は大合唱。私も合唱(おま
友達は引いたような目で見てきます←
「ニコ厨のお前が引いたような目で見るな!」って言いにいったら、
「それよりさ、あそこにエヴァのガチャガチャがあんだけど…」と財布を握りしめる友達S。
ガチャガチャは確かにありましたが、テレビの両脇にズラリ。何でだ。
そのあとトイレに行って、居間に戻ろうと薄暗い廊下を歩いていたら、
後ろに人の気配、振り向いても誰もいない。後をつけられている気がする。
軋む木の廊下、蛍光灯もない薄暗さ。
足音は自分一人分しかしないのに後ろには人の気配。
居間には帰らずに歩き回って、犯人を見てやろうと振り向いた私が見たものは!
風呂上がりでタオル一枚で髪が濡れている飛鷹でした。
しかもその格好で無言で私の指をそっと握ってくる。謎すぎる。
仕方なく居間に戻ったら、飛鷹はいそいそと手紙の束を漁っていた。
しかし私の手を離さない。ていうか着替えろよ。


そう思ったところで目が覚めた。何これカオスwwwあとは、おばあちゃんが降ってきた隕石に押し潰されて亡くなったとか、
お母さんは「北にある幻の大根を取ってくるからね」と言って出ていったとか、
そんな話をおばさんから聞きましたが、超次元すぎてついていけませんでした。作文。
だが指をそっと握ってくる飛鷹は可愛かったと思います。
……何故か風呂上がりだったけれども。謎すぎる。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。