上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確実にこうなる。
試合終了後はきっとこうなるに違いないという妄想。
佐「だ、大丈夫か鬼道!?」
鬼「え、あぁ、大丈夫だ・・見に来ていたんだな」
佐「そりゃあな。見られる範囲で見に行くさ。お前が出てるんだからな」
鬼「そうか・・ありがとうな」
佐「いや、いいさ。ところで、足は本当に大丈夫なのか?」
鬼「あぁ、足はひどくひねっただけだ、次の試合にも支障はないと思う」
佐「そうか・・・良かったじゃあちょっと行ってくるな!」
鬼「・・?どこにだ?」
佐「あっちのベンチ。鬼道の足に怪我させた奴に皇帝ペンギン1号かましてくる(いい笑顔」
鬼「よせ佐久間!それは禁断の技だ!」


あれ、思った以上に長くなったんですけどなんで・・・?
でもきっとこういう会話がなされていたに違いないよ。絶対にこんな会話あったよ。
佐久鬼は私のジャスティス!!!(落ち着こうか


さて、本編。実は・・相手の監督がイケメンでいいなぁと思っていた。
あとなんつったっけ、グリーンの髪の・・グリーンくん?(おま
リーフくんだかなんだか、そんなような名前だったような気がするあの緑の髪の子!
あの子めっちゃ可愛いなぁ!可愛いなぁ!!欲しいなぁ!!!
ていうかさりげなくオーストラリアってイケメン率高かったよね。
うふふ、だがしかし1人に対して4人でガードとか反則だぞ☆

あと監督!久遠監督すげえイケメンでしたね!言葉がすげえ響くよ。
「箱を開けるカギは、お前らのここにある!」とか!
てっきりこれが今日の格言だと思っていたんですが違いました。
あと「それぞれにふさわしい場所がある」みたいな台詞。
アニキに言った台詞、あれすごくじーんときました。
久遠監督は、サッカーやる前にアニキがサーファーだったの知ってるのかな。
いや、あれだけ練習で波に乗ってりゃ嫌でもわかるよなぁ・・。
でもあの久遠監督の言葉は。まるでサーフィンするのを奨励するかのような言葉でした。
サッカーをやるためにサーフィンしてもいいんだって認めるような。
アニキはサーフィンをやめたとは公言していなかったけど、
でもサーフボードよりもサッカーボールを蹴る時間の方がはるかに長くなって。
DE戦前だって、「波が恋しくなってきた」って言ってたし、
サッカーやる前なんか「俺はサーファーだから」って言ってたし。
今回だって「俺に乗れねえ波はねえ」でしたし。やっぱ、サーフィン好きなんですよね。
サッカーも好き、サッカーも大事、だけど。だけどやっぱりサーフィンも好き。
サッカーに出会う前はきっと毎日サーフィンやってたんだろうし、その習性は変えられない。
でもサーフィンが。サッカーの必殺技をつかむためのヒントとしてのサーフィン。
それはサッカーの方が、サーフィンよりも序列が上になったっていうことなんじゃないのかな。
そう考えると、アニキはサッカーの方を優先的に、大事にするようになったのかなぁ。
・・・ふむ、いらん考察をしてしまったよ。

さて。今回の見どころ。鬼道さんが怪我ああああああ!?
まず観客席にいた佐久間が絶叫したに違いないよ。
手当てを受けているのが上から見えない佐久間はきっと染岡さんの隣で、

佐「鬼道が怪我を・・どうしよう、鬼道が出られないなんてことになったら・・!
 ちくしょうよくも鬼道を、あの男あとでペンギンの刑に処すことが決定したぞこの野郎。
 ああ!俺が選抜に選ばれていたなら鬼道の怪我の治療をしてやることもできたのに!」
染「(ダメだこいつ早く何とかしないと)」

っていうことをやっているに違いないよ。ていうかやってたよ絶対に。
アニ佐久間はなんで敬語じゃないんだよつい敬語で書いちゃうんだよ私。
とにかくアニメこうだったに違いないよ見えないところでこんなやりとりがあったんだよ!

染岡さんは真面目に「ウルフレジェンドも爆熱ストームも効かないなんて・・!」とか言ってるはず。
佐久鬼も豪染も吹染も私は大好物です(うるさいよ
あと足怪我した鬼道さんをナチュラルに肩貸してたのが円堂だったことについて。
鬼道さんMFですよね・・?どうしてヒロトとか風丸さんとかがいかないし。
いやいいよ?別にそれでもいいですよ?円鬼はおいしいですよ?←
鬼道兄妹可愛すぎたね。今日は妙にくっついてましたね。鬼道兄妹可愛いよ。

それと女の子おおお!!!塔子ちゃあああああん!!ハァハァハァ可愛い可愛い可愛い!!!
リカちゃんと塔子ちゃんの会話可愛かったです・・女の子やっぱいいわ←
塔子ちゃんはスーツだったね・・お父さん見に来てるからSPとして来たのかな。
でもお父さんきっと「私の事はいいから、友達と一緒に見ておいで」って言うんだろうね。
あああああやっべええええ!!財前親子たぎる・・・・!(落ち着け
それと塔子ちゃんやっぱりバストが控え目(ry
いいけどね!それでも可愛いからいいけどね!!!
これからもちょくちょく塔子ちゃん出てくるのかしら・・・?
いやむしろ出てくるがいい。出てこい。出てほしい。出てきてくださいお願いします←

あとは円堂が「これが世界レベルのサッカーか・・!楽しい!」って言ったあれね。
風丸さんが「これにいつも励まされてきたんだよな」って苦笑して言った、あれ。
円風なんですねわかります!!!(落ち着け
大好きなんだ、すごくすごく好きなんだ、この二人の掛け合いというかなんというか。
風丸さんはどっちかっていうと、自分一人で問題を抱え込んじゃうネガティブタイプなんですよ。
それを気付いて気遣って和らげて立ち直らせてくれるのが、円堂。
きっと計算とか何もないんだ、自分が誰かの力になりたいとかも考えてないんだ。
そう考えるとどうしようもなく独りよがりで、自分の言いたい事言ってるだけなんだけど。
それが、天然だから、心からの、芯からの真っすぐで実直な言葉だから。
きっと、疑い深い誰の心にもストレートに響くんだろうなぁ、と思うよ。
風丸も鬼道も豪炎寺もヒロトも土門も小暮も塔子ちゃんもみんな。
途中で円堂にほだされて仲間になった人たちっていうのはみんな、
どこかで人を疑うことを、人の本心と言葉とが違ってる事があるっていうのを知ってる。
知ってるけど。円堂はそれを知っててなお信じる人だから。
イナズマ2のゲームで、豪炎寺と鬼道さんの会話でこんな言葉があるんです。
「信じるのが円堂の役目、疑うのは、俺達の役目だろ」
言ったのは豪炎寺なんですけど。樹海の、入口の辺りの会話だったと思います。
多分これが、チームの内情を如実に表してる言葉なんですよね。
信じるのは円堂。円堂が信じるんだったら、俺も信じる。
でも、円堂は疑おうともしないから、一応は信じるけど一歩下がって様子を見よう。
それが、豪炎寺さんと鬼道さんの考え方。鬼道さんは3歩くらい下がるかもしれない。
久遠監督のことを通して、それがよく見えた気がして。・・・あれ、これ何の話だったっけ?←

久遠監督の過去に、まさか影山がいるとは夢にも・・!ちょっと、気になる・・!
いい人でよかったよ久遠監督。そうよね、響木監督の目利きが間違うはずないよね!
人を見る目において私は響木監督に全幅の信頼を寄せています←
鬼道さんが認めたって事は、みんなが信じても大丈夫ってことだから。
(多分、監督や周囲の大人に対して一番気を張ってるのは鬼道さんだから。)
それはちょっと、良かったかな。ギスギスしてた雰囲気良くなりそう。
来週は虎丸の話みたいですね・・・楽しみ!
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。