上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。珍しくこんなにブログを書いているなあと思っています。花茨ライです。
今回はサイトを更新してきました。双璧のお話です。
この記事でも書いたのですが、「双璧誕生日カウントダウン企画」に寄稿したものです。
まあ、時系列的に誕生日とは何の関係もないお話なんですけどね(こいつ
今まではトーナメントでしか会えなかった強いデュエリストである吹雪と、
アカデミアで一緒に学んで、「親友」と呼んでくれる対等な相手の存在を尊ぶ亮兄さんのお話です。

漫画版設定で1年生の時の話をかいてみました。
双璧の関係性は漫画版アニメ版問わず好きなのですが、
二人の絆の深さを描くような話を書くときは大抵漫画版にしています。
だって、アニメ版の「空白の2年間」がないんですもの。
漫画版の双璧は、3年間アカデミアで切磋琢磨しながら一緒に居た、
それだけの絆を作りうる時間をきちんと過ごしてきた二人だから。
漫画版の双璧のやりとりを見てると、あったかい気持ちになれるのです。
そんな気持ちが伝わればいいなと思いながら書きました。
と、あとがきには書きました。双璧って、互いに孤独だったと思うのです。

たとえば。とあるものに突出した人がいるとして、周りで頑張っている人にはどう映るでしょう。
「尊敬される」とか「ねたまれる」とかいろいろあるとは思いますけれど、
きっとそんな人に「友達」とか「親友」はできないんじゃないかと思うのです。
そういう関係って、心を許しあえる関係で、対等にものを言える関係だから。
だから、同じくらい強くて対等な吹雪と亮兄さんは親友になれたんじゃないかと思います。
アニメ版のブルー寮の生徒の亮兄さんに対する物言いとか見てみると、
「尊敬はしているけど、友達なんてそんな恐れ多い」みたいな感じに見えますよね。
だから、普通の人とは一定の距離をあけて付き合っていたのだと思います。
きっと吹雪はもてはやされながらも本当に自分のことを話せる人はできず、
亮兄さんも、クールでストイックで無口だから、人づきあいもうまくできなくて。
あるいは、人との距離を測るための、おしゃべりであったり無口であったのかもしれませんが。
それはそれとして、そんな二人が望んだのはきっと、「対等に話せる友達」だったのではないでしょうか。
と、そんなことを考えながらこの話を書いていました。全く伝わりませんけど。
だから、「初めての友達」に浮かれている吹雪や亮兄さんを少しでも感じ取ってもらえたら嬉しいです。
ハッピーバースデー、吹雪&亮!愛してるよ!

スポンサーサイト
スパークいってきました!ライです!!
当日はなんかすさまじく厚かましいうえなんか気持ち悪いテンションでしたが、
みなさん優しかったのでお菓子くれたりお話してくれたりで楽しかったです!!!
戦利品読んでテンションあがってるのでこのテンションのまま感想行きたいと思います!!!


当日は、私とれあさん(一緒にサークル参加しようと言ってくれたフォロワさん)、
そして当日売り子で私の本にイラストを描いてくれたロウちゃんの3人でした。
まあサークル参加初めてだったうえに普段大きいイベントにいかない私は、
あんなでかい会場にすげーびくびくしながら行ったわけですよ。ええ。
しかもサークル参加経験者れあさんだけ。みんなれあさんがやってくれましたありがとう。
そして当日置かれていた私の本がこんな感じ。

初めての本!

なんか・・・私の本じゃないみたい・・立派に売り物に見える(どういうことだ
印刷所に頼むのも初めてだったので心配していたのですが、ちゃんと本の形でした(※当たり前です)
そんなに難しくもなかったので、次からはちゃんと出せそうです。多分(えっ
ロウちゃんは家に財布を忘れるという痛恨のミスを犯して本が買えずにずっとスペースにいてくれました。
れあさんは別のジャンルの本を置きに走ったりフライヤー配ったりと忙しそうです。
そんな中で私はスペースで出陣の準備をして待っていました(既にクズ

実は、前にも話したのですが私のスペースはヴァンガで東だったのですが、遊戯王は西だったのです。
つまり、別の会場(しかも歩いて5分以上確実にかかる)にいかなければならなかったわけです。
そんなわがままを言う私にれあさんは「いいから行っておいで」と言ってくれ、
ロウちゃんも「大丈夫だよー。おつかいも別にないし楽しんでおいで」と言ってくれました。
私はそんな二人に「ありがとう!いってきます!」と言って、
「スパーク始まります!」という放送と共に西の会場に向かいました(クズ

西はジャンプだったのでなんか人がすごくて戸惑いましたが、
とりあえず遊戯王のスペースがあるフロアにいき、キョロキョロとあたりを見回して、
「(確か遊戯王はi…ここはdだから…あっちか!)」
とか、普段方向音痴とは思えないような勘の良さを見せ早足に行った結果、
シャークさん受けプチのスペースを発見。そして買って買って買いまくる。
途中でフォロワーさんにあいさつして本買ってお菓子もらって本買ってを繰り返し、
シャークさん受けプチと遊戯王NLプチを堪能しつくした結果、
(※忘れられているだろうがライさんはNLも好きです)
突如目の前に現れたのは携帯のカメラを構えている女の子でした。
何をそんなに必死になって撮っているのだろうとそちらを向いたその時。

究極嫁!

この神々しい究極嫁が鎮座していました。
近寄って「うわあああ究極嫁じゃないですかー!えっ、すご、えっ、えっ!?」とか言ってると、
スペースに座っていた方が「どうぞ、撮っていいですよ」と笑顔で言ってくださったので撮りまくる。
これはあまりのふつくしさとハイテンションのあまりかなり図々しくなったライがスペースの方に、
「おススメの構図とかありますかね!?」と訊いた結果「下から見上げるように」と言われ撮ったものです。
この他にも3カットくらいの構図で片手の指以上の枚数を撮りまくり、
「ふつくしい…ああカードか社長を持ってくればよかった…!」と呟きながら撮り続け、
スペースの方にありがとうございましたと言って去るというどう見ても挙動不審な行動をとりました。
「何枚でもどうぞ、ついったとかに上げてもいいですよ」と言ってくださったスペースの方、
本当にテンション高いアホが何枚も撮るのを止めもせず親切にしてくださってありがとうございました。

さて。そんなことをしてスペースに戻ったころには既に1時間半が経過していましたが、
「おかえり」と言ってくれた売り子さんの言葉に笑顔を返して「ただいま」と言った私が続けた言葉は。
「遊戯王だけで荷物いっぱいになったから一回荷物置きに来た。次レグリサトシゲプチ行くから」
……ここはほんと、売り子と待っててくれた二人は私をぶん殴ってよかったと思う(真顔
その後、フォロワさんと会うというロウちゃんと一緒にレグリサトシゲプチをまわり、
フォロワさんに会ったのでもういいというロウちゃんを待たせて更に買い物をつづけ、
買い物が終わって気づけばロウちゃんがいなかったのでスペースに戻ると(※既にここで1時間が経過)
「ごめん、ヘルプ入ったから先に戻ってた」とロウちゃんが座っていました。
どう考えても私が謝るべきところである。
でも午前中はいないからねとあらかじめ言っておいたので不問に…。
けどとても申し訳なかったのでちゃんと謝ってスペースにいました。

午後はずっとスペースにいて、れあさんが買い物にいきました。
私はスペースの椅子に座りながらポケモンやってました(クズ
ロウちゃんが来てくださった方との応対をしてくれたり、
私は会いに来てくださったフォロワさんとお話したりして、スパークが終わるまで会場にいました。
まあ、ほぼ本買うかポケモンしてたような気もしますが(コイツ
とりあえずライさんのクズっぷりが露呈された一日でもありました。実にすみません。

そんなわけで基本的に本を一番買う時間帯に席を外していたので、
自分の本が買われていくというところをほとんど見なかったのですが、
というか売り子としての機能をほとんどはたしていないというクズっぷりでしたが、
会いに来てくださった方も購入してくださった方も、会いに行ったらかまってくださった方も、
みなさんどうもありがとうございました。とっても楽しかったです。
またサークル参加してみたいなあ、と思える経験になりました。

あ、11月の千バトに一般参加するのでよかったらお話してください。
そんなわけでスパーク感想でしたー!
どうもこんばんは。ライです。久しぶりでもないですけど、ていうか更新してるな私。
さて、スパークに参加するけど本出るといいねとか言ってましたね。
ライさんちゃんと脱稿しました!いえーい!ついに本が出ます!やったね!!
そっと表紙載せておきます。ロウちゃんというついったのお友達が描いてくれました!

表紙面(それっぽいの)

タイトル:僕の好きな君のこと
価格:400円
ページ数:36ページ
サンプルはこちらからどうぞー!(※pixiv)

スパーク当日は【東1】の【オ21b】にいます。【P2】というサークル名です。
でも本人がいるのは多分午後ですね。私開幕西にダッシュするんで。
今回ね、ヴァンガで出るじゃないですか、遊戯王は西なんですよ。西なんです。
しかもシャークさん受けプチやるし。シャークさん受けですよ!いくしかないですね!
そういうわけで開幕ダッシュですよ。ええ。シャークさん受けプチ超楽しい!!!
あと、今当日配れるかなーっていうぺらいペーパー書いてます。光櫂です。
できたら置いてありますがポケモン楽しすぎてもう駄目ですね。
ではでは、スパークの報告でしたー!当日はよろしくお願いします!
こんばんは、ライです。もう10月も中盤ですね。
さて、今回はサイトの更新というわけではないのですがちょっとお知らせです。
いつupしようか迷ってるんですが、やっぱり10月31日にしようかなーと。
何の話をしてるのかって?もちろん、双璧の誕生日のお話です。
前にこの記事で書いたのですが、双璧の誕生日までをカウントダウンでお祝いする、
双璧誕生日カウントダウン企画」に参加するよと言いました。
実は私、10月11日の担当だったのでもう既に私の作品が掲載されております。
記事タイトルはその話の内容に即したものです。
話にはあとがきもつけていたのですが、あとがきは掲載しない方向性でしたのでupされておりません。
それについてはまた今度、サイトにupしたときに話そうかなーと思います。
ちなみに、双璧の誕生日なのでCP要素はありません。あしからず。
漫画版GXの双璧のつもりで書きました、よろしければ読んでみてください。
今まではトーナメントでしか会えなかった強いデュエリストである吹雪と、
アカデミアで一緒に学んで、「親友」と呼んでくれる対等な相手の存在を尊ぶ亮兄さんのお話です。
この話の一部に入学式でのエピソードがちらっと書いてあるのですが、
実は以前ついったで書いていたこの話とリンクしています。サイトにも掲載してあります。
一緒に読んでいただけると、もっと楽しめるかと思いますのでよろしければどうぞ。
双璧誕生日カウントダウン企画のページも、随所に工夫が凝らしてあるので、ぜひ。
大体更新は午前0時なのですが、毎日双璧が見られるので私は日参しております^^
そういうわけで、ちらっと宣伝でした!
はいこんばんは!ライです!!!
最近アニメのヴァンガ見てなかったんですが、今日久々に見てたら、
(※ライは「ユリの勲章」からずっと見てなかった)

ああああ光定ああああ!!!ひざまずかせてください!!!

ってなった。くそっ、あれ反則だろ暴君・・・
暴君格好良すぎるだろ・・なんだよあの笑顔・・ちくしょう。
あんな笑顔で「僕の臣下にならないか?」って言われたらそりゃあもう、
「はい!偉大なる皇帝陛下!喜んで!!」ってなるわ!!!!(落ち着いて
すまんなんかテンション上がってしまって。落ち着く。すーはーすーはー。


はい!ヴァンガについて真面目に話すと思った?残念!オフ情報だよ!!
ライさんついに本出します!!やったね!!出す出す詐欺が現実になったよ!!
スパークでフォロワーさんとヴァンガで櫂くん受けとアイナオサークルです!
サークル名は【P2】、スペースは【東1ホール オ21b】になりました!
本は、今頑張ってますが脱稿したらまだ書きに来ます。頑張ります。
スパークまで行くのにね!本なかったらね!何しに行くのって感じだからね!!
表紙はフォロワさんが描いてくれます!ありがとう!!
とりあえず今のところのサンプル置いときますね(※pixiv
小説本です。40ページ400円くらいで販売する予定。多分。
出るといいですね(※印刷の事前申し込みを今日やった人
まあ!本文半分以上できてるんで!頑張ります!!
それじゃおやすみなさい(あれっ

9月です!今はまだ!!9月だもん!!!と言い張るライですこんばんは。
10月になってしまいましたね(どうやら観念したらしい
いやでも!書いたときは9月だったんです!信じてください!!
というのも何かといいますと。記事タイトルで分かる人は分かるかと思いますが、
十万の誕生日小説、ようやく書きあがりました。ええ、書けましたとも。
アカデミアを卒業して1年経った夏の日に、久しぶりに会った十万のお話です。
結局何が書きたかったかっていうと「変わってしまった」十代と「変わらない」万丈目さんでした。

精霊と融合して人間じゃなくなってしまった十代を、4期で「変わらない」と評した万丈目さん。
デュエルが強くなったとか、人間じゃなくなったとか、そういうものを見るのではなくて。
十代という人柄や性格を見て、十代本人を見て「変わらない」と言った万丈目さん。
あの時十代はその場にいなかったですが、きっと聞いていたら十代は救われたと思うのです。
精霊と融合して人間じゃなくなって、普通の生き方もできないような十代。
「意図せず変わらざるをえなかった」十代を「変わらない」と言ってくれた万丈目さんの言葉は、
きっと誰のどんな言葉よりも、十代に希望を、喜びを与えてくれたのではないかと思うのです。
これ、本編では十代がいない間に言うというのがミソなんですよね。本人には言ってやらないんですよ。
でも、万丈目さんは建前とかそんなんじゃなくて、万丈目さんにとってはそれが当然のことなんです。
きっとそうやってうじうじうだうだ十代が悩んでるって知ったら、一発殴って指さして、
「ユベルと融合して人間じゃなくなった?それがどうした。お前は遊城十代で俺様のライバルだろう」
って、きっと万丈目さんは当然のように言ってくれます。そんなまっすぐな万丈目さんだから好きなんです。

ねえ、そんな十代と万丈目さんが同じ月の始まりと終わりが誕生日だなんて、運命で奇跡みたいじゃないですか?
万丈目さんで始まって十代で終わる8月、その中間を奇跡の日だねって言いたかったのです。
実は、去年と一昨年にはついったで「8月16日は十万の誕生日の中間だから結婚記念日!」って騒いでたんですけど、
今年忙しくてやりそこねたのですげー悔しかったから普及させてやろうと思って最後入れました(そんな理由かよ
でもね。誕生日が近いのは、本当に奇跡だと思ってます。万丈目さんで始まって十代で終わる夏。素敵ですね。
大幅に遅れてしまったけどハッピーバースデー、万丈目さん、十代!大好きだよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。