上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。なんか最近パソコンの調子がおかしいライです。
なんかキーボードがうまく動作しなくてですね・・・7年使ってるからなこの子。
もう歳なんでしょうかねえ・・・(´△`;)


さてさて。もうお察しかと思いますけれどもオフ情報ですよー(やはりか
まだいつ出るか詳細は決まっていないんですけれど、
ガンスさんアンソロ「がんすろっく!」に参加いたします。
詳細はアンソロタイトルからどうぞ。リンクをつなげてあります。
ガンスさん×ギャラティンさんというドマイナーCPで出ることができるのも、
ひとえにアンソロ主催者さんが知り合いのおかげですね!
まぁ例によって例の如く主催者さんはついったのお友達さんですね!


あともうひとつ。来年1月の櫂くん受けオンリに合わせて、ジュン櫂アンソロが出ます。
それにも小説で参加する予定です。ジュン櫂アンソロ楽しみだなあ!
これもまあ主催者さんはついったのお友達さんなのですけれども。
こちらはまだサイトとかないので、またできたらご紹介しますね。


え?お前自分の本はどうしたのかって?そんなのしったこっちゃないのだよ(こら
大丈夫、ちゃんと準備はいくつかしてあります!(たぶん
でも本格的にパソコンぶっ壊れはじめているので、そろそろ買い換えないと。
そうなったらまた・・・ほらデータが(しろめ
だだだ大丈夫ですしもうちょっときっともちますしおすし。
そんなわけでご報告でしたー!
スポンサーサイト
どうもこんばんは。最近すごく更新している気がしてたけどぶっちゃけ気のせいでした、ライです。
最近、溜めていたごっずの再放送を見返していたのですが、
ダグナー編一気見したせいでもうディヴァインおじさんが愛しくてしょうがない。
そんなことを考えていたら、ずっと書きたかったディヴァアキネタがあったことに気付いて書きました。
そんなわけで、ブログタイトルもそれっぽいものにしてみました。
しかし私、多分NLをサイトにあげるの久しぶりだぞ・・つーかNL書いたっけ(えっ
ダグナ編が終わって、帰ってこないディヴァインおじさんのことを思い出して、
「確かにディヴァインは悪者だったけど、私を救ってくれた人なのよ」って、
アキちゃんに言ってほしいがために書いたお話でした。
ディヴァイン大好きなアキちゃんが大好きです(えっ
実はごっずのNLはディヴァアキが一番好きです。


ディヴァインおじさんがいなくなった後、自暴自棄になってたじゃないですか。
結局、最終的には遊星に家族のしがらみも含め絆を修復してもらったけど、
アキちゃんと遊星のデュエル見てて、アキちゃんやっぱりディヴァイン好きなんだなって思って。
欲しくもなかった能力を学校で怖がられて、父親に化け物って言われて、
勢いで家を飛び出して学校にもなじめなくて、でもどこにも行く場所なんてなくて、
そんな時に「能力を持ってていいんだよ」って認めてくれたディヴァインおじさんは、
きっとアキちゃんにとっての救い主だったんじゃないかと思うんです。
だからあんなにも依存してたし、あそこまで盲信的にディヴァインおじさんを信じてた。
利用されてるんだって分かってても、ありのままの自分を認めてくれた最初の人だから、
アキちゃんはディヴァインおじさんを最後まで憎めなかったんじゃないかなあって。
ディヴァインおじさんが生きてたって知ったときさ、アキちゃん駆け寄って笑ったんだよね。
「ディヴァイン!良かった、生きてたのね!」って。生きてて嬉しかったんだよね。
地縛神に食べられてしまった時、ディヴァインおじさんについて何を言わなくて、
デュエルが終わった後も何も言わなくて、そのまま最終決戦に向かってしまった。
ミスティと弟のことを悲しんでいたけれど、結局おじさんのこと何も言わなかったんだよね。
それは多分、自分がミスティの弟を殺してないって安堵したからかもしれないけれど。
言えなかったんじゃないかなあ、ミスティや双子達、ディヴァインの被害者がたくさんいて、
自分だって利用されてたから被害者なのに「ディヴァインを憎んでない」だなんて。
でも、あの服を好んで着てるのも、髪を留めてる制御装置もきっと、
ディヴァインおじさんの形見、みたいに思ってるんじゃないかなあと思ってます。
そんなディヴァアキが私は好きです。


そんな感じで長々と書いちゃいましたけど更新報告でした!
久々の更新がこんなことになってしまうのは本当に申し訳ないんですけど、
REBORN!やBASARA、エアギアなどを取り扱っていたサイト、invernoを閉鎖しようと思います。
実はずっと前から閉鎖をしようと思っていたんですけど、
ずるずる忙しい日々が続いてこんなに遅くなってしまいました。
もちろん、取り扱っている作品は変わらず好きですが創作活動をする予定もないので、
この度閉鎖することにしました。今までありがとうございました。
コンテンツは残しておくことにしますのでどうぞご自由に閲覧してください。
どうせなので、APHを取り扱っていた閉鎖サイトのestateもリンクつなげました。
こちらもコンテンツ残しております、閲覧はご自由に。
ただ、閉鎖したサイトの閲覧ができるからといって無断転載を許しているわけではないので、
その辺りはきちんとマナーを守り、常識の範囲内でサイトをご利用いただければと思います。


実はこのinvernoなんですが、去年度は私自身このサイトを開くこともしていませんでした。
そのため、今日閉鎖するにあたって久しぶりにinvernoを開いてみました。
更新日やブログの書き込みから察するに、2010年くらいから放置していたのですが、
・・・カウンターが、回っていました。私の記憶から、大体3000ちょっとくらい。
放置していた期間が約3年弱、年数で割っても毎年1000人は足を運んでいて下さった計算になります。
本当にありがたいと思う反面、こんなに長い間更新がなかったのに、
何度も足を運んだ方もいるのかと思うと、本当に申し訳なくも思っています。
特に、小説の中には連載して未完のものもあります。最後まで書けなくてごめんなさい。
ヴァンガードやpkmnなどの、別ジャンルの小説なども載せて存続させることも考えたのですが、
やっぱり一区切りつけようと思い、閉鎖することに決めました。
どうかご理解くださればと思います。更新を楽しみにしていた方には本当に申し訳ないです。
それではしんみりしながらこのへんで。invernoを今までありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。