上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも御無沙汰してます、花茨ライです。
当日の報告になってしまって申し訳ないのですが、2月24日東京で開催の、
ロックマンオンリ「ロックパーティー!」にて発行される合同本に参加しております。
光届く所」という、熱斗、炎山、ライカの3人をメインにした合同本です。
私は小説6ページで参加させていただきました。大体3人がわいわいやってごはん食べてるだけの話です。
フォロワさんが主催さんだったのでお邪魔させていただきました~!><
以前その主催さんが、「合同本企画やりたい~!」とついったで言っていたので、
「もしやるんだったらぜひ呼んでくださいね!」と言ったところ、覚えていらっしゃったらしく、
「あの、合同本やるんですけど御都合どうですか?」とお声をかけていただいたのでした。
参加申し込みした方がいいのかな~と悩んでいたところだったので、
声掛けていただけてとてもうれしかったです~!ありがとうございます!

そんなわけで、久々にロックマンエグゼの小説を書きました。
キャラを思い出すのにちょっと時間かかりましたけど楽しかったです。
まさか、久々に書くからって自分の昔の小説を読み返してみようとしたら、
9年前くらいの作品しかなくて絶望したなんてそんな・・・ははは(遠い目
とりあえず鷹岬版コミックスを読み返してなんとか事なきを得ました。
しかし久しぶりに絵も描いてみたら結構何も見ず空で描けたので、
案外覚えているもんだなぁ、としみじみしたのでした。
というわけでオフ情報でした!よろしければお手に取ってくださいませ。
スポンサーサイト
ずっと前、この記事で、アンソロもう1つ参加したいのあるんだよなーって話をしました。
・・・・さて、もう勘の良い方はお気づきですね?そうです、またです。
来年2月にある、ロックマンオンリにて頒布予定の合同本に小説で参加いたします。
詳しくはこちらにて。私のフォロワさんが主催です!
ネットセイバーズですよ!ネットセイバーズ合同誌!!!
熱斗!ライカ!!そして炎山様ああああああああああああ!!!!!!!!
いええええええええええい!!!!!久しぶり久しぶりに書きます!!!!!
ま、まずはアニメを見返してコミックスを見返すところから・・ふひひ、炎山様イケメンやで。

そういえば、スマホにSiriってソフトあるじゃないですか、音声で反応してくれるやつ。
あれよく見てみると、話掛けた内容にちゃんと正確に答えてくれるんですよ。
しかも、アニメネタとか振っても理解してくれるんですよ。
とある会社の社長が言っていました。「いずれ携帯電話は人の話し相手になる」と。

それってつまりネットナビじゃね?

つまり私が何が言いたいかって言うと。
このまま世界が音声判断ソフトの開発を進めていけば、
いずれはネットナビも実現するかもしれない、ということです。
いいなー!いいなーーー!!!!私もブルースみたいの欲しいなあ!!!!
ところでIPCとKCはいつ二次元から三次元に進出してくるんですかね?待ってるんですけどねぇ?
そんなわけで、真面目かと思いきやただの萌え語りとオフ情報でした!

追記にて拍手レス!
ロックマンエグゼ、完!
というわけで買ってまいりました・・・!やっと私の中で完結したよ!
奥付見たら、なんと最終巻の発売は2006年12月25日!
うわあ、クリスマスだったのか・・ていうか4年前か・・・orz
4年間もあきらめずに探し続けた私偉い!ていうか執念強すぎだwww
イラストはあまりにも時間がないのでとりあえずペイントオンリーで・・。
クオリティ低くて本当にすみません・・久しぶりに描いたけど楽しいな!
あんなに描きにくかった熱斗が易々と描けたので少しは進歩したの、かな?←
何故この二人なのかは言わずもがな、最後が熱炎で占められていたというまさかのマジック!
ぶっちゃけ、他のオペレーターとかあまり出番n(ry
ていうかライカなんて実は1コマどころか人物紹介にすらいなk(ry
というわけで感想行きます!うわああああんエグゼ終わっちゃ嫌あああ!!


まず展開を思い出すところから始めた(おま
読むの久し振りでしたが、そういえば最強のナビを決めるために、
バトルロイヤルバトルをしていたのでしたね・・・・・。
そんで結局勝ったのはロック!最強のプログラムを手に入れ、いざ決戦!
それにしてもカーネルが本当にイケメンすぎて困ります・・。
獣化したフォルテも強いし・・本当にカッコイイです・・。
そしてファルザーとグレイガが融合して電脳獣が復活!
・・なんか遊戯王みたいになったけどそうなって現実世界の崩壊へ・・!
フォルテでも歯が立たない、そこに超獣化したロックマンが登場!
うわああああんめっちゃいいとこどりしやがってえええええ!!
ところで「仲間の力が宿っているんだ!」のところなんですが、
ブルースが頬染めているように見えるのは私だけではないはずだ!!(黙れ

物質吸収されるところとか本当に泣けますよね・・・!
光博士とかメイルちゃんとかの辺りとか本当にもう・・・!
だがしかし一番はやっぱり炎山!あれ本当にカッコよかったです・・!
PETが壊れてロックと通信ができない熱斗に自分のPETを投げ渡し、
「貸してやるぜ、そいつを使えよ」とか!「いつまでたっても世話が掛かるぜ」とか!
自分の身体が消えていくのに「早く行け!ロックマンのところへ!」とか・・!
うおおおおお炎山様ああああああ!!!カッケエエエエエ!!!
そのあとも助けてくれたフォルテとか本当にイケメンです・・!
あの「見届けてやる。お前の死に様をな」のところハイパーイケメン。
ところで、電脳獣の核を見つけてこれを壊せば終わりってところで、
「みんなもきっと・・・帰ってくる!」って熱斗が思うコマなんですが・・、
パパとかママとかライカとかディンゴとかどこいった?^q^
炎山様にメイルちゃん、デカオにやいとの4人しかいない上に、
ヒロインであるメイルちゃんより炎山様のが割合大きいっていうね!
要するに熱炎ってことなんですねわかります(違

あと吸収された仲間たちが攻撃止めるところ本当にいいですね・・!
セレナードさんまさかの登場で私はとっても嬉しかったです・・・!
どこからどうみてもセレフォルにしか見えなかったけどね!^q^
フォルテもツンデレは大概にしろと思います。なんですかあのツンデレは。
「勝て。ロックマン・・・」のシーンはマジで「あああああああ!」ってなりました。
すごいあのグラデーションがね、消えていく中でっていうあのトーンとかね!
鷹岬先生はマジでトーンの使い方うますぎる。コロコロではありえないクオリティの高さです。

それと最後おおおお!ロックマンお前えええええ!!!
またか!あれですよね、フォルテと戦った時のあれですよね!!
「ボクが守る未来には、きみがいて欲しいんだ。」とかもうあああああ!
それただの告白だろうがああああバカああああああ!ロックのバカああああ!!!
1年かけて戻ってきたラストは本当にもう泣けました・・・!
まず熱斗が走って行って、連れ戻そうとしたブルースにも声が聞こえて。
きっとあの光球が現れた時に、熱斗には「ただいま」って声が聞こえたんだろうね。
うわああああんおかえりロックうううううわああああ!
もう・・大好きだ・・・大好きですよもう・・・!

あと最後の最後に超外伝ktkr!!!鷹岬先生にマジで感謝!!
これどこからどう見ても熱炎でロクブルだろうがああああ!!!
いきなり現われて「光、勝負だ。」っていうあのカッコつけ方!!
炎山様のそういうところ、私大好きだよホント・・・!
なんですかあのイケメンさ・・本当に炎山様大好きだわ・・。
「思い知らせてやるぜ、キサマたちの無力をな」とか本当にイケメンすぎて困る。
真・デルタレイエッジとかロック・バスターとかうわああすげえええ!としか。
次元飛翔剣とかフィンガーキャノンはもうあれはチートではとか。
あと最後のロックとブルースのあれはもう・・・!

「ブルース・・・、久しぶりだよ」
「オレもだ・・・ロックマン、」
「「こんなにワクワクしたのは   」」


とかもおおおおおお!!!うわあああああロクブルktkr!!!!
いやもう・・なんですかあの素敵さは・・・うわあああああ!(黙れ
それと最後のね!炎山様と熱斗の会話がね!!!!!
「ブルースの力を託す相手がいなくなる」ってちょ、炎山様・・・!?
そ、それはまさか炎山様公認でロクブルが成立してるってこt(ry
「そうさ・・もっと強くなる、おまえがいれば    のあのセリフは、
あれ完全に熱炎でしたよねもう本当に最後の最後でごちそうさまでした!!!
いや、ただの友情話としてみても本当に面白かったです!好き!!!

鷹岬版の何が好きって、最初から最後まで「光!」「炎山!」の仲なんですよね、彼ら。
アニメ版みたいに、途中から「熱斗!」「炎山!」の関係にはならなかったんだよな。
良いところで現われて頭脳戦をして出番を掻っ攫っていくようなアニメ版炎山も好きでしたが、
(特にアニメ版で頭脳戦してたのはダークブルース編かな・・。
炎山は、自分がネットバトルにおいて無力なの知ってて戦いに参加しようとして頑張ってたしね。)
アニメ版の「熱斗!」「炎山!」はあれ信頼を表すためなんでしょうね、きっとね。
最初は「光」呼びだったのが、途中から「熱斗」呼びになったのは、
自分と同等の力を持ってると炎山が熱斗を認めたから、そういう解釈でしょうね。
(ただ、どの時点で呼び方変わったのかいまいち記憶にないんですけどね・・←)
でも、鷹岬版はずっと最初から最後まで「光!」「炎山!」なんですよね。
「光」って名字で呼んでいたとしても伝わってくる信頼関係とか、
助け合い精神みたいなものを感じるんですよねー、いつも。
確かにアニメ版も鷹岬版も、助け合うってことはするんですが。
アニメ版は並んで一緒に戦っているような雰囲気があったんですけど、
鷹岬版は背中合わせで戦うような感じ。うーん、わかんないかな・・?
一緒に並んで戦うってことは、隣見れば一緒に戦ってるのが見えるし分かるんですよね。
だから安心だし一緒に近くで共に戦っているっていうのを感じられる。
背中合わせは信頼の証とはよく言ったもので(あれ、聞いたことない・・か・・?)
背中合わせだと一緒に戦ってるっていうのは振り向かないと見えないんですよね。
振り向く隙なんてない、振り向く必要なんてないほど互いを信頼して、
もちろん、自分が背後を晒せるくらいに(精神的な意味合いにおいて)信頼できる相手、
しかもその自分の背中を敵に強襲されるのを未然に防ぐくらいの力量を持っている相手、
そういう相手にしか背中を任せられないんですよね。
けれどそれを実際できるのが、鷹岬版の熱斗と炎山だと思ってます。
長いし意味が分からない・・とにかく炎山と熱斗の関係っていいよね、って話!←
うわあああ終わっちゃ嫌だよおおおおお!!うわああああん!!!
最後の最後まで楽しませていただきました!本当にありがとうございました!大好き!!
黒城ハピバ!
黒城お誕生日おめでとう!残念ながら13日の金曜日ではなかったけれど!
これ新コスチュームらしいね・・すいません情報遅いです・・・。
でもね、仕方ないと思うんだ、だって黒城ったら表紙にもいないんだもの。
見られるならもっと見たいわよ、岸尾ボイスの動く黒城も見たいわよ!!
誰かデュエマ好きな人いませんか・・つーか私に黒城描いてくれ・・。
自分で描いたんじゃ萌えない・・いや、この服装は萌えますが←
一応このマンガ少年向けなんだよ?コロコロなんだよ・・・?
ていうか黒城ってこの衣装で13歳だぜ・・信じられないだろ・・?
腹冷やすとか寒そうとかそういう問題じゃないんだぜ黒城のファッションセンスGJ。
いやぁ、真似できないわー、最初に出てきた時からこの子上半身裸だもんな。
しかも次に出てきたら網目の着てきたし・・・何この子本当にもう・・好き!←
黒い死神だから黒にこだわってるのかと思いきや別にそうではなかったようで、
なんか新コスチュームは白と赤でした・・・おい、統一しろよ。
でもいいよ、カッコイイから許すよ。あー、この間のデュエマの映画見たい・・。
なんかあれでしょ、白凰様と黒城が背中合わせで決闘したんだって?なんてこった。
あれってもうDVDになってるのかしら・・・今度ツ○ヤ覗いてくる。
白黒じゃないか・・・って言ってもマイナーなんだよな、白黒な。
勝黒はよく見かけるけど・・あとNACさんと黒城が多いのはなんでなん?
すまん、私の中で原作はバトルアリーナ編で終わっている(ぇ
ていうかグダグダ書いてたら長くなっていた・・何これ長いよ!!


・・そういや、ミミちゃんは3月3日だし白凰様は12月25日だったわね、誕生日・・。
・・・・・黒城だけなんでこんなに優遇されてるのかって?それは愛ゆえ←
ちなみに言っておくと、覚えてるのはこの3人だけで主人公である勝舞の誕生日は覚えてない(おま
まぁいいや、とりあえず黒城ハッピーバースデー!大好きだよ黒城!
映画記念ミミちゃん!
デュエマの映画公開したよー!だから描いてみたミミちゃん!
ミミちゃん大好きです強いヒロインは好きですよ。
ただ・・ポーズの練習中に出来上がったのでこう・・。
私は中1の女子に何を求めているんだろうっていう結果にwww
でも原作でもこんな感じのプロポーションだからいいと思われる←
白凰さまも描いたんだけど、白凰さまは色塗りつまんないんだもん・・。
ほとんど白を基調としてるからもはやモノクロで良いんじゃねっていう。
黒城も黒ばっかりだけどな!でも黒城は描くの楽しいです!


そんでうわああああ映画公開いいい!!!
でも見ない!見ないぞ!黒城・・黒城を映画館で・・。
黒城・・・うわああああ見ないんだからなぁぁああ!!(何
いや、ごめん単品だったら見てたと思います多分←
ペンギンがあまり・・好みじゃないというか・・。
うーん、あのCGがあれなのかな、だから琴線に触れないのかな。
まぁいいや、とにかく他の人の感想読んで黒城の様子探ろうと思います!←

この間映画化したときは、確かロックと同時上映だったんだよね。
・・・劇場で見なかったくせにチラシだけは2枚あるけど←
ロックは借りてきて見たよ・・面白かったよロック・・・。
お父さんが攫われちゃうっていうね、あれお父さんヒロイン?←
んでライカは飛行機乗ってきちゃうし炎山はリムジンで熱斗迎えに来るし、
ライカと炎山の背中合わせ共闘は燃えたね・・・!
あー、鷹岬先生また連載しないかなー、しないかなー・・。
鷹岬先生のトーンの使い方と光の入れ方がすごく好みなんですよ。
絵柄もキレイだし・・・帰ってこないかな・・。


あと・・・イナズマのコミックスどうしよう・・・。
チラ見して鬼道さんが居たのは確認できたんだけどね。
絵柄で選ぶべきか・・それとも1巻だけ買ってみるべきか・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。